グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

グローバルビジネスを勝ち抜く極意

効果的なコミュニケーションの取り方2015.07.28

 For an English version of this article, please click here! 

 

ビジネスにおいて効果的にコミュニケーションを取るには、状況や雰囲気、その場にいる人など多くの要因によって変わってきます。

 

日本では調和と規律を保つことが重要視されているため、それらを乱す可能性がある考えや質問、発言はできるだけ内に秘めることがベストだと認識されています。ビジネスシチュエーションにおいて日本人が直面する大きな問題の一つは、ニュアンスが明確で感じていることを率直に伝える欧米のビジネスのやり方に順応することです。同じように欧米の人々は日本人特有の本音と建前を理解することに苦しむことが多いです。

 

今日のブログではこの二つの特徴的なコミュニケーションの取り方の違いの架け橋になるようないくつかのヒントを紹介します。

 

ヒント1:まず、発言

考えを発言することを怖がらないようにして、その際には出来る限り単刀直入に、そしてどのような意味合いがあるかを述べるようにしましょう。欧米のビジネスマンたちは話の要点を優先させ、調和を保ちつつ結論に至るという方法をとる傾向があります。

何か疑問に思ったら、 質問をすることを怖がらないようにしましょう。短く丁寧な言い回しでその場の人たちの注意をまず引いてから、質問を続けることにしましょう。

 

ヒント2:言い回しは簡潔に

様々な言語レベルを持つ相手に話す際、多くの場合理解されなかったり、間違えて捉えられてしまうことがあります。あなたの言いたいことを明確に、そして簡潔にするように心がけましょう。難しい言葉や用語をただ使いたい、もしくは周りの人に良く見られたいためだけに使うことは避けましょう。より簡潔な言語で伝えたいことを明確にすることの方が評価されます。

 

 

ヒント3:肩の力を抜いてリラックス

日本人の多くは、ドイツや西ヨーロッパの多くの国々のような態度や姿勢を取る傾向があります。それはとても格式高く、堅苦しいもので、動作は堅く最低限と言ったものです。 北米や南米では、一般的にカジュアルでリラックスした態度や姿勢で、動作は肩の力を抜き、少し大げさにするような彼らに取って、それらの動作や行動は冷たく、よそよそしく感じられます。

 

ヒント4:物事を個人的に取らない

欧米のコミュニケーションは直接的で要点を突くことを優先しがちで、丁寧な対応は二の次になりがちです。これに注意し、皆の合意を得ることなく反論や代替え案の提案をすることは避けましょう。

 

ヒント5:ビジネスに関する話をいつでもどこでもすることに備える

欧米人はビジネスに関する話題を必ずしもオフィスや会議室などのフォーマルな場だけで持ち上げることはありません。実際には明確な境界線はなく、食事中や車の中などで話されることも多々あります。長い時間を欠けて詳細を話し合うことを期待せず、あきらめる準備をして、どこででも話せるように備えましょう。

 

これらのヒントを念頭において、多種多様な人たちとスムーズにコミュニケーションを取れるよう役立ててください。全体を振り返ってみて、異なる国々や文化の人々と効果的なコミュニケーションを取るには異文化感の意識と、歩み寄りの姿勢が必要二なります。常に会議や交渉をする相手のことを知る準備をすることで、成功するか失敗するかの大きな違いになることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の筆者

Noel Bradshaw
ロゼッタストーンラーニングセンター COO

Noel Bradshawは、経営コンサルティング会社アクセンチュアのロンドン支店にて経営コンサルタントとしてのキャリアを積んだ後、2年間JETプログラムに参加。現在はロゼッタストーンラーニングセンターでCOOに就任し、運営全般の指揮を執る。

Noel Bradshaw is the COO of Rosetta Stone Learning Center and started his career at management consulting firm Accenture. He came to Japan with the JET programme before joining Dean Morgan and has been with the company for 8 years.

ロゼッタストーン・ラーニングセンターは、世界No.1のロゼッタストーンの言語学習ソフトウェアとスクールでの完全マンツーマンレッスンを組み合わせた、効果的な新しい学習方法を提供しているスクールです。外資系・グローバル企業へ転職のキャリアアップをサポートします。


http://mydma.com/


If you want to make real progress with your language skills, then Rosetta Stone Learning Center is for you. Rosetta Stone Learning Center integrates the World's number 1 language learning software Rosetta Stone(R) together with high quality one-to-one in-school lessons to accelerate students towards their language goals. RSLC has 8 school locations in Tokyo and Osaka, easy lesson-scheduling, online 24/7 access to self-study resources and a variety of study options that makes it an ideal, flexible option for busy people. Let Rosetta Stone Learning Center support you through your next career move.

合わせて読みたい