グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

グローバルビジネスを勝ち抜く極意

欧米とアジアの決断方法の比較2015.08.04

 For an English version of this article, please click here! 

世界のどこにいようとも、どのようなビジネスをしていようとも、何らかの形で何かを決断しなくてはいけない時があります。結果は同じであっても、決断をさせられるのと決断を自らするのでは大きな違いがあります。今回のブログではビジネス上の決断の方法、特に欧米とアジアの違いに注目して見ていきましょう。

 

決断をする過程は、異なる原因によって変わってきます。欧米とアジアの決断の過程を比較する上で、たとえ欧米の二つの国を比較したとしても同じ過程ではないことを覚えておきましょう。例えばドイツとデンマークは二つのとても大きく異なる決断方法に従っています。これらの違いはリーダーシップの種類、決断するまでの速さ、人間関係の重要性に注目することで明確になります。

 

リーダーシップ - 誰が決断するか

 決断を迫られた時には常に誰かに決断する責任があり、これが明らかであるかそうでないかで大きく異なります。ドイツは独裁駅なリーダーシップの良い一例であり、どの決断が下される前にも立場が上の人に決断は委ねられます。幾つかの違いはありますが、日本でも似たような方法が取られています。

スカンジナビア諸国の国では参加型リーダーシップの良い見本があります。ここではグループの大多数の意見をもとに決断し、参加は下の地位の人達も、司会進行の役割のリーダーと同じように奨励されています。 

 

 

速度 - どの程度の速さで決断するか

 異なる文化の人とビジネスをする時に、良くある不満の一つとして挙げられるのが決断の速さの違いです。欧米の人々は、効率良く出来るだけ早く問題を解決し決断を出来るかを重要視することが慣例的です。

時間を取って必要な情報を収集し、一人一人全ての意見を参考にすることに慣れている多くの日本人にとっては、欧米の人々は決断を急ぎ過ぎているように思われることが多々あります。

 

 人間関係 - 互いにどの程度親しいべきか

「ゴッドファーザー」という映画のセリフに「これは個人的なものではなく、ビジネスだ」というものがあります。ドイツの人々はビジネスをこのように行うことが多く、決断も人間関係はあまり配慮せずにします。中東では逆に、既存の強い人間関係が決断をする際に最も配慮するべき重要なものになります。日本でも人間関係の発展を重要視し、決断は既存の人間関係にどのように影響するか、新しい人間関係を発展させるかをもとに考慮されます。

 

急ぎ足でいくつかの国の決断の行程の違いを西と東の国々で比較してきましたが、多くの場合はお互い極端でのような例を紹介しました。つまり、他の国、もしくは異なる文化の人とビジネス上の決断をしなくてはいけない時はどのような状況にも対応出来るように下調べをし、準備をすることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の筆者

Noel Bradshaw
ロゼッタストーンラーニングセンター COO

Noel Bradshawは、経営コンサルティング会社アクセンチュアのロンドン支店にて経営コンサルタントとしてのキャリアを積んだ後、2年間JETプログラムに参加。現在はロゼッタストーンラーニングセンターでCOOに就任し、運営全般の指揮を執る。

Noel Bradshaw is the COO of Rosetta Stone Learning Center and started his career at management consulting firm Accenture. He came to Japan with the JET programme before joining Dean Morgan and has been with the company for 8 years.

ロゼッタストーン・ラーニングセンターは、世界No.1のロゼッタストーンの言語学習ソフトウェアとスクールでの完全マンツーマンレッスンを組み合わせた、効果的な新しい学習方法を提供しているスクールです。外資系・グローバル企業へ転職のキャリアアップをサポートします。


http://mydma.com/


If you want to make real progress with your language skills, then Rosetta Stone Learning Center is for you. Rosetta Stone Learning Center integrates the World's number 1 language learning software Rosetta Stone(R) together with high quality one-to-one in-school lessons to accelerate students towards their language goals. RSLC has 8 school locations in Tokyo and Osaka, easy lesson-scheduling, online 24/7 access to self-study resources and a variety of study options that makes it an ideal, flexible option for busy people. Let Rosetta Stone Learning Center support you through your next career move.

合わせて読みたい