グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

外資系で必要なスキル12 – ユーモアのセンス2014.10.07


日本人は真面目な民族です

 

それはそれで素晴らしいことなのですが、ちょっとしたことでつまずいて自分を責めたり、相手を責めたりしがちなのは、惜しいと思います。

 

プロジェクトが暗礁に乗り上げそうになったら、メンバー全員で暗くなりがちです。

 

そこに一人でも、ムードメーカーがいてくれて、楽しいジョークでも言ってくれればだいぶ違うと思いませんか?

 

ユーモアのセンスは、グローバル人材の大事なコミュニケーション・スキルです。

 

メルボルンで、クラスメートのラテンアメリカ人達の恒例の遅刻に悩まされていたころ(笑)、大きな学びも彼らから得ていました。

 

とにかく陽気、脳天気かと思うほどポジティブ。

 

何かあっても、「大丈夫、大丈夫」

 

面白い話をするのが好きで、いつも笑ってます。

 

お受験があるアジア先進国、日本・韓国・中国から来てた生徒は、「何が大丈夫なんだ」ってカリカリしてましたけど。

 

職場でどちらのタイプといる方が楽かと言えば、それは楽観的でいられる人ですよね。

 

みんなで追いつめ合っても、打開できないので。

 


私が頻繁にやり取りしている研修会社の社長に、イギリス人がいます。

 

彼のユーモアのセンスは、かなりシニカルで時々理解できないブラック・ユーモアですが、思わずくすっと笑えることの職場での効能を強く感じます。

 

イギリス人のユーモアのセンスは本当に独特で、彼が一時帰国から戻ったので、

 

“How was your trip?” と聞くと

 

真面目な顔で“Terrible.”と答えたりします。

 

びっくりして、“What happened??” なんて聞こうもんなら、私の負け。

 

母国に戻ってTerribleのわけないだろう なんて言われちゃいます。

 

そこいくと、北米人(アメリカ人・カナダ人)のジョークは、文化に根ざしていない限り、誰でも「あはは」と笑えるので、わかりやすいですね。

 

私自身も、英語のプレゼンで調子がいいと、アメリカ流ジョーク(短いやつ 笑)が自然と出たりします。

 

「あはは」って笑うことで、張りつめているものがほどけたり、落ち込んでた気持があがったり、チームであることを思い出したりできます。

 

何より、英語人とのコミュニケーションで、ユーモアのセンスがあることは必須ですので、少しずつ磨かれることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

この記事の筆者

鈴木美加子
グローバル人材プロデューサー/(株)AT Globe 代表取締役

日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガンスタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でも無いが、TOEIC960点をマークし外資系でキャリアアップした自身の経験から、「なぜ」を細かく説明出来るところを強みとする。世人塾の他、グローバル・コミュニケーション、異文化マネジメント、リーダーシップ、組織分析など企業研修を行っている。

株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

 

合わせて読みたい