グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

無料キャリア相談  ー新卒ー

Q日本語を話せない外国人の日本での就業

20代| 女性 | 日系企業 | その他 | その他の職種 - 新卒&未経験者

現在わたくしの外国人の友人が、日本にて就職を考えております。彼女は英語フランス語ドイツ語がネイティブレベルであり、物理学のマスターの学位もあるのですが、やはり日本にて就業するには、日本語スキルは必須でしょうか?また、日本への就業が可能であるのでしたら、どのような分野へアプローチをかけるべきでしょうか?アドバイス頂ければ幸いです。

Aお答えします

日本に限らず、外国で仕事を探す場合、最大の難関は就労ビザが取れるかどうかになります。企業がビザをスポンサーしてでも採用するからには、それに見合う技術・経験を外国人の方が持っていることが必須要件になります。

 

外資系人事25年を振り返って、日本語のできない外国人を中途採用したケースは、競争激しいIT業界で、エンジニア職の人手が足りず、日本語ができないことは日本人がカバーするという前提条件で採用した数件でしょうか。

 

新卒の方はもともと即戦力にならならず、その上、日本語ができないのでは育てるために時間と労力がかかりすぎるので、外資系では最初から受け付けないことが多いです。

 

知り合いの大手日系企業の新卒で、日本語ができない方がいらしたことを思い出しましたが、人事の方が、「ニッチな技術の知識があるから」とおっしゃっていました。

 

新卒の方で、日本語が話せない物理専攻の方では、正直ハードルが高いだろうと思います。せめて、母国で仕事経験を積んでからにされた方がいいのではないでしょうか?

日本での就業においては日本語のレベルが高いほうが選択の幅は広がりますが、必ずしも日本語力を問われるわけではありません。

 

ただ、今回は日本で就業を希望されている方の年齢やバックグランドがわからない為どの分野にアプローチをすれば良いかというのは回答できませんが、職種や業種にこだわりがないようであれば日系企業よりも欧米系の外資系企業や日本にあるベンチャーで日本人以外のCEOの会社を中心にエントリーしてみてはいかがでしょうか?社内での共通言語が英語のケースが出てくるかと思われます。

 

将来的な日本でのキャリアを考えると日本語力は必須になりますので同時進行で日本語の勉強をされることをおすすまします。

無料キャリア相談一覧へ


Daijob.comで外資系・グローバル転職を実現させましょう!