グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

MBA (Master of Business Administration) とは ?

一般に「ビジネススクール」と呼ばれる経営学の大学院(修士課程)修了者に与えられる学位のことです。統一された資格ではなく個々のスクールによって与えられるものですが、ビジネス界では、経営陣やビジネスリーダーの資格として認識されており、主に社会人が履修しています。

グローバルなビジネス時代に入り、経営環境は急激に変化しています。企業は、変化に柔軟に対応し、素早く意思決定が下せる論理的思考ができるリーダーを必要としています。日本でも MBA ホルダー(取得者)に対する期待は高まっており、キャリアアップを考えるビジネスパーソンから、高い関心が寄せられている資格です。

何を学ぶのか?

ビジネスリーダーに必要な知識や資質を養うためのプログラムが用意されています。経営を管理する知識を体系的に学び、実践できるような思考方法を習得することを目指しています。

ビジネスリーダーに求められる知識や手法の習得が目的

経営戦略とMBAプログラムの他意系図実際の企業のケーススタディを用い、グループディスカッションをしながら自分なりの意思決定を行い、主張する事が求められます。この訓練を通して実際のビジネスの現場で役立つ実践力を身につけます。

プログラム・履修形態

プログラムは、アカデミックな知識を教えるのではなく、実践的な内容が中心です。レクチャー、ケーススタディ、クラスワーク、プロジェクトワーク、グループワーク、課外学習などの手法を組み合わせます。各スクールとも、基礎的な項目は概ね同じです。大体「論理的思考法(クリティカルシンキング)」「経営戦略」「マーケティング」 「アカウンティング」「ファイナンス」「アカウンティング」「組織戦略」「人的資源管理」などはコア科目として必修が義務付けられています。

履修形態は、全日制、働きながら通う定時制、オンライン学習とスクーリングを組み合わせたものなど数種類あります。アメリカは 2 年制が中心、ヨーロッパでは1 年制が多く見られ、必要単位を数年かけて取得するプログラムもあります。その他、ジェネラルマネージャーの養成を目的としたプログラムに特化していたり、ファイナンスやマーケティングなどの専門向けプログラム、上級管理職を目指すマネージャー向けのエグゼクティブプログラムがある、など各スクールによって特徴があります。

目指すゴールは?

MBA プログラムの履修を目指す人の目的は様々ですが、下記のような目的で履修しています。

教育機関は?

国別 MBA 教育カリキュラム基準認定

米国 AACSB(Association to Advance Collegiate Schools of Business)がMBAの基準認定を実施。
※日本では慶応義塾大学ビジネススクールが認定取得
英国 英国ではQAA(Quality Assurance Agency)がMBAの教育水準を指導。
日本国 日本国内では、研究型経営学修士課程が中心。2003年文部科学省によって、より実践的能力を高めるための「専門職大学院」の設置が認可され、専門職大学院でのMBAプログラム提供も増えている。

このページを見た人の人気求人:

>>年収:300万円 〜 400万円ーバイリンガル秘書 (シニアマネージャー付)
>>年収:300万円 〜 600万円ーグローバルプロジェクト推進(日本語・英語) ★未経験大歓迎★
>>年収:700万円 〜 1100万円ーIT Auditor/IT監査 (年収700万円~1100万円)
>>年収:400万円 〜 600万円ー【★資金潤沢★ 台湾発のグローバル新興企業】 Customer Support(Manager)
Daijob.comで外資系・グローバル転職を実現させましょう!
新規登録はこちら
求人検索
Daijob.comの使い方