グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

無料キャリア相談  ー面接ー

Qスカイプ面接と転職活動中のスケジュールの組み方

20代| 女性 | 日系企業 | その他 | 商社・卸

ただいま海外にいるものですが、日本に帰国したく、転職活動を行なっております。どこにいても転職活動にかかる期間も、要する時間も変わらないものかと思いますが、今回は必ず帰国することが決まっており、転職するとわかっているからには良い転職先にめぐり合いたいため、現職を辞めて帰国し、フルタイムで転職活動をするべきか悩んでおります。

目指す業界は日本で働いていた頃の業界への復帰で、今のところ幸い仲介の方々を通して数々の紹介を受け、企業様側にもスカイプ対応をしていただき、面接を幾つか受けたところです。

もし、その時点で第一希望な企業/職種/条件に出会えたのであれば迷いなくその企業に集中して全力を尽くしているところなのですが、そういった出会いはまだなく、たくさん受けてフィーリングの合う会社を見つけたい気になってしまっています。

たくさんの会社を受けるとなると、面接やテストなどに使う時間が多く必要になり、現職を何日も欠勤してしまうことになります。現職には申し訳ないですし、こちらも思い通りに動けず難しいので、思い切って転職先が決まる前に辞職して100%転職活動に注ぎたいと思っています。

ただ、たくさん受けるといっても、企業側の採用スケジュールもあり、2-3ヶ月無職で活動するとなると、履歴書のギャップができてしまうのと、心の余裕がなくなって本来の希望通りの転職ができないのではないかとの不安から、得策ではない気がしています。(少なくとも仲介の方にはそう言われました。)

しかし、スカイプで面接を行なっているといっても、実際に会って話す場合と比べて、伝わる情報量が少ないような気がしています。事務的な質疑応答ができても、それ以上の「フィーリング」が伝えにくいですし、相手からも伝わりにくいと思うのです。つまり、今の面接の仕方は事務的ではあれ、不完全だと思っています。

不完全でも、このまま仕事をしながらスカイプ面接を続け少しづつ見極めていったほうが良いのでしょうか?

中長期的に仕事に打ち込める職場にめぐり合いたく、また後に後悔したくないのです。ご回答よろしくお願いします。

Aお答えします

ご相談いただいた内容は、海外にいらっしゃる方に共通した転職活動に関するお悩みです。過去にも多くの方が同じ境遇となり、スカイプも使えなかった頃は、まさに音声だけの電話面接であり、双方にとってつらい状況がありました。

 

このまま海外にいながら転職活動を続けること、または退職して帰国してから転職活動をすること、それぞれのメリット、デメリットの分析も正しくできていると思います。

 

ではどうするか。リスクを取らない決断は難しいでしょうから、あくまでも自分の性格や自信の具合、過去の転職活動の成果、自分の能力に対する評価、他人からどう評価されているか、この辺りを総合的に考えて決断するしかありません。

 

尚、注意するべきは、離職して帰国し、転職活動する場合、2、3か月で転職先が決まればいいですが、半年、一年、もし決まらなかったことも考慮しておくといいと思います。 今、日本は大変不景気であり、実際にそのような方は少なくないからです。

 

尚、必ずしも選択肢は以上で述べた二択ばかりではなく、異なる選択ができた人もいます。

 

過去に同じような境遇にあった人の中で、今働く会社に日本支社があったので、そちらへの異動の希望が通り帰国。現職のまま、約半年間転職活動を続けた結果、転職先が見つかったという人もいます。

 

スカイプの面接は一次面接で使うことが多く、結局、最終面接までの間に一度も企業と直接面接をしないということも稀ですので、多くの海外在住者は結局は日本に面接のために帰国されています。その際にしっかりと企業を見るという手もあるでしょう。

海外からの転職活動は大変ですよね、私も経験しました。

 

スカイプ面接は確かに事務的ですし、フィーリングをつかむのは現地へ赴いて、職場を見て面接官と直でお話しするのが有効かと思います。ましてや、海外在住というだけで面接の機会を逃している求人案件も少なくないと思います。

 

帰国することが決まっているのであれば、スカイプ面接をしていただいている企業の求人案件も維持しながら、本帰国をなさってから本格的に活動するのはいかがでしょうか?

 

私も当時、メールでのやり取りでしたが、やはり実感をつかめないと感じたので一時求人案件は保留にして、本帰国後にその他企業を含め本格活動をしました。帰国後3か月くらいで就業先が決まりました。身の回りの準備もありますので、企業側からしても数か月の履歴書のギャップ、ブランクは仕方ないと判断します。

 

日本は夏期のお盆、年末年始、新卒対応・GWの4月・5月は比較的転職市場が落ち着くので、その時期を外して本帰国、活動することをお勧めします。

 

海外生活で培った経験を活かせるお仕事に巡り合えることを願っています。頑張ってくださいね。

無料キャリア相談一覧へ


Daijob.comで外資系・グローバル転職を実現させましょう!