グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

グローバルビジネスを勝ち抜く極意

ビジネスにおける社交2015.07.07

 For an English version of this article, please click here! 

職場の同僚や上司、取引相手との仕事の外での付き合いは、ビジネスにおける人間関係を強化、そしてスムーズにし続けるために大抵の場合欠かせません。しかし、人によっては嫌な経験から社交に対して自信をなくしたり、不安を抱えたり、社交において消極的になってしまう人が多くいます。対照的に間違った方向に行きすぎて傲慢になったり自信過剰になってしまう人もいます。そこで今日のブログでは、ビジネスにおける健全な社交法と注意点などの解説をしていき、さらには国外からの取引相手との付き合いで自信を持てるようにいくつかのヒントを紹介します。

 

最初に紹介する最も重要なことは周りの状況に注意を配ることです。相手が何を話しているのかだけでなく、どのように話しているのかを態度やジェスチャーから把握しましょう。中南米の人たちは明らかなヒントを近い距離で態度やジェスチャーで示すので日本人に比べると簡単に読み取ることが出来るでしょう。彼らは北米や(イタリア以外の)ヨーロッパの人たちに比べて大きな声で話し、活発な傾向がありますが、この3つ全ての地域の人たちは皆、発言の真意や気持ちを率直に表現をすることが多いです。

 

また誰かを紹介、もしくは誰かに紹介される際、その人の肩書に注意することと、紹介する人の肩書を言うのを忘れないようにしましょう。さらに、その人の大まかな情報や業績なども話して、その人を覚えやすくさせ、その先の会話のきっかけとなるようにしましょう。

 

 

日本のように、英語での「How are you doing?(調子はどうですか?)」やスペイン語での「Cómo estás?(お元気ですか?)」、フランス語での「Comment allez-vous?(ごきげんいかが?)」など、他の国々でも、長い返答を必要としない挨拶の表現があります。想定される返答の仕方としては「Fine, thank you.(元気ですよ、ありがとう)」などのような、会話を始めるためのシンプルで儀礼的なものを使用します。

 

日本とは違い、北米と南米から来た人々は、ヨーロッパから来た人たちと同じように、何を理解しているもしくは何を理解していないのかをためらわず発言します。ですので、会話の途中で、あなたが口ごもったり少し長い間を開けた時に、誰かが話を遮ったとしても驚かないようにしましょう。同じように、会話の途中で誰かが質問をして会話が一旦中断されることも予測しておきましょう。もちろん、あなたが何かを理解できない時に質問することは常に認められていて、何も言わないということは、他の人に、あなたが話の内容を理解しているという印象を与え、また後に問題や勘違いを引き起こすことにもなります。誰かの話を遮る場合には、礼儀正しく、遮る前に必ず「excuse me」や「sorry」などを言って、相手の許可を待ってから質問しましょう。

 

その他想定されるものとして、より発言する人たちは、沈黙をより不快と感じ、大抵の場合なるべく沈黙にならないようにしようとします。気まずさを回避するために、取引相手の興味のあること、趣味、もしくは(政治的もしくは宗教的に繊細な問題がなければ)相手の国についていくつか知っておいて話すことが有効となります。しかし、社交の場での会話は軽い話題であるべきであり、深刻な話題やビジネスに関する議論をなるべく避けるべきだということを覚えていてください。

 

次に他国から、もしくは異なる文化の持ち主である取引相手との付き合いの際に、手に汗をかき始めたり、何を話して良いのかわからなくなったり、収集が付かなくなった時には、今回のブログで紹介したヒントを思い出して、軌道修正に利用してみてください。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の筆者

Noel Bradshaw
ロゼッタストーンラーニングセンター COO

Noel Bradshawは、経営コンサルティング会社アクセンチュアのロンドン支店にて経営コンサルタントとしてのキャリアを積んだ後、2年間JETプログラムに参加。現在はロゼッタストーンラーニングセンターでCOOに就任し、運営全般の指揮を執る。

Noel Bradshaw is the COO of Rosetta Stone Learning Center and started his career at management consulting firm Accenture. He came to Japan with the JET programme before joining Dean Morgan and has been with the company for 8 years.

ロゼッタストーン・ラーニングセンターは、世界No.1のロゼッタストーンの言語学習ソフトウェアとスクールでの完全マンツーマンレッスンを組み合わせた、効果的な新しい学習方法を提供しているスクールです。外資系・グローバル企業へ転職のキャリアアップをサポートします。


http://mydma.com/


If you want to make real progress with your language skills, then Rosetta Stone Learning Center is for you. Rosetta Stone Learning Center integrates the World's number 1 language learning software Rosetta Stone(R) together with high quality one-to-one in-school lessons to accelerate students towards their language goals. RSLC has 8 school locations in Tokyo and Osaka, easy lesson-scheduling, online 24/7 access to self-study resources and a variety of study options that makes it an ideal, flexible option for busy people. Let Rosetta Stone Learning Center support you through your next career move.

合わせて読みたい