グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

年の初めに適職・天職をLuminaで探す2018.01.09


元・外資系人事部長、現グローバル人材プロデューサーの鈴木美加子です。

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。今年のお正月はお休みが短めでしたが、ゆっくりできましたでしょうか? 採用において最終決定権を持つEXPAT(駐在員)もクリスマス休暇から帰国していますし、日本人のお正月ムードも終わり、外資系の採用活動は今週から徐々に通常に戻ります。昨年種まきをした方は、次のステップに進めるように準備を怠りなくしてください。

 

年末年始は例年通り、キャリア・カウンセリングの依頼が多かったです。様々なお悩みがある中、「自分のキャリアの方向性はこのままでいいのだろうか? これが天職なのだろうか?」「キャリアを変更したいけれど、適職がわからない」という方々に、Luminaというアセスメント・ツールが威力を発揮してくれました。

 

Luminaは、資質の強み・弱み、コミュニケーション・スタイルの好みなどが明確に数字で出るツールで、向いている職業を決めるためにかなり有効です。

Luminaでは、まず全ての人をざっくり4つの色で分けます。

赤(結果重視): セールス、アスリート、社長業に向いています。目標に向かってやりとげる精神的タフさやリーダーシップ、ロジカルな思考力を持っているかどうかがわかります。

 

黄色(ビジョン重視): マーケティング、経営企画、起業に向いています。大きな絵を見たいタイプで、細かいことは苦手です。革新的なアイディアを思いつく必要がある職業には、必須の色です。

 

青(根拠重視):IT, 法務、経理、事務が適職です。データ、数字、真実を元に判断したいタイプで、漠然としたことが苦手です。慎重で誠実、根拠重視が特徴です。

 

緑(人間重視):人事、NPO/NGO, 看護師などメディカル関係、コーチ、学校の先生が適職です。共感力・受容力・協力的などがキーワードになります。 

もちろん、一つの色しかない方はほとんど存在しないので、適職を決め打ちするには、それぞれの色のスコアをよく見る必要があります。

 

4つの色分けの次に、8個のアスペクトを見ます。

 

「結果重視、規律重視、データ重視、内向的、人間重視、直感重視、ビジョン重視、外交的」の8つのアスペクトをそれぞれ細かく分析します。

 

8個のアスペクトがわかったところで、24のクオリティについてデータを見ていきます。24全ては挙げませんが、例えば「主導力がある、競争心がある、想像力豊か、革新的、実践的、思慮深い、親密、順応性がある」などのクオリティについて、「素の自分」「職場での自分」「ストレス下の自分」のスコアがそれぞれ出ます。

現状と照らし合わせて自分がどうかを客観的に見るには、このページのデータは欠かせません。


例えば、日系企業にお勤めの女性が、英語はできるので外資への転職をした方が良いかどうかのキャリア・カウンセリングにいらっしゃいました。「競争心」と「精神的なタフさ」のスコアが、「素の自分」と「ストレス下の自分(素に戻りやすい)」では95%と非常に高いのに、「日常の自分」では7%と低く、「これは、職場で女性が競争心が高かったりタフであることを見せてはいけないからですか?」と伺ったところ、お返事がYESだったことがあります。自分自身がナチュラルでいられた方がキャリアで成功しやすいですし、競争心と精神的なタフさは社会人としての成功に欠かせない素晴らしい要素なので、外資への転職を迷わずお勧めしました。

 

1年くらい前にマネジャーに昇格した男性が、「なんとなく向いていない気がしています。このまま管理職としてキャリアップするべきなのか、Individual Contributorとして部下無しの専門職キャリアを志向すべきなのか悩んでいます」と相談にいらっしゃいました。 彼の「主導力がある」のクオリティを見ると、先ほどと反対なのです。「素の自分」と「ストレス下の自分」の数字は一桁で非常に低いのに、「職場での自分」の数字は64%です。仕事で必要なので、本来はあまり無い資質を無理やりストレッチしていることが明らかでした。他にも、大きなビジョンを部下に見せるために必要な黄色のスコアがおしなべて低いことから、管理職より部下なしの専門職キャリアの方が向いているとお話しさせていただきました。ご本人も薄々わかっておられたのでしょう、はっきりデータで示されて安堵したようでした。

 

Daijob.com社の次のキャリアフェアは2/16(金) ですね。 これから転職活動を始めたい方、すでに始めているけれど方向性に迷いがあるという方は、この辺りでご自分の強みと弱みをきちんと棚卸しして、適職・天職を見極めると悩まなくて済むと思います。2014年から書かせていただいているこのブログの読者の方には告知させていただきますが、LUMINAを使ったキャリア・カウンセリングは、2月1日から値上げを予定しています。ニーズがある方は今月いっぱいがお得です。

 

Luminaを使ったキャリアカウンセリングの実例やお客様の声を読まれたい方、お申し込み方法などは、こちら

25年間外資系の人事で、本当にたくさんの社員の方を目にしてきましたが、社会的に成功されていて、なおかつ自分の仕事を楽しいと言える方は、「強み」を使って仕事をされているストレスの少ない方だと断言できます。みなさんが、持って生まれた強みを活かし、キャリアアップされるよう心からお祈りしています。

■7日間無料メールセミナーご登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

この記事の筆者

鈴木美加子
グローバル人材プロデューサー/(株)AT Globe 代表取締役

日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガンスタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でも無いが、TOEIC960点をマークし外資系でキャリアアップした自身の経験から、「なぜ」を細かく説明出来るところを強みとする。世人塾の他、グローバル・コミュニケーション、異文化マネジメント、リーダーシップ、組織分析など企業研修を行っている。

株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

 

合わせて読みたい

---